Shops

CHARLES & KEITH(チャールズ&キース / シンガポール)

ブランドについて

シンガポール発のバッグ・靴ブランド。1996年にシンガポールのアマラショッピングセンター(Amara Shopping Centre)の婦人靴店としてチャールズとキースウォン兄弟が開業したのが始まり。現在は、シンガポールの大型商業施設には必ず店舗を構えているシンガポールを代表するブランドです。

靴を中心にバッグや財布、アクセサリー・小物などを取りそろえます。靴・バッグともにベーシックでシンプルなデザインが中心。靴は、合成皮革を使った、黒や茶、ベージュ等を基調としたパンプスやサンダルのほか、スニーカーやブーツなども展開しています。

ブーツで1万円以下、パンプスで5〜6千円台。バッグも1万円以下で手に入る商品が多く、値段に対して高級感があることから20〜50代の幅広い女性から支持を得ています。

商品の企画から生産、販売まで一気通貫で行うSPA(製造小売業)の強みを生かし、毎週20〜30ほど新商品を投入するスピード感も魅力。バッグや靴、アクセサリーで毎年1000個ほどの新しいデザインを生産し、店頭の新鮮さを保っているといいます。

日本では、衣料品大手のオンワードホールディングスと共同出資会社を設立し、2013年に原宿旗艦店などを出店しましたが、2016年に一度日本市場から撤退。2018年に直営に切り替えて再進出し、現在、東京・名古屋で現在4店舗を展開中です。

直営のオンラインストアやファッション通販大手の「zozotown」などにも出店。日本では日本市場に合わせた商品を取りそろえているといいます。

店舗網

シンガポール国内に加え、アジア、欧米、中東・アフリカまで世界35ヶ国で500店舗以上を展開中。

国内の主な店舗

ブランド情報

関連記事

  1. シンガポール女性の休日ショッピングコーデ No.02
  2. Island shop (アイランドショップ / シンガポール)…
  3. Southaven (サウスヘブン / シンガポール)
  4. Chomel(チョメル / シンガポール)
  5. Love, Bonito(ラブボニート / シンガポール)
  6. bYSI (バイシー / シンガポール)
  7. Pedro(ペドロ / シンガポール)
  8. The Editor’s Market (ザ・エディターズ・マー…

PICK UP

RECOMMENDED

PAGE TOP